自律神経を、意識していますか。

「自律神経」で検索してみると、
ウィキペディアでは「自律神経系」が出てきます。

これによると、自律神経系とは、
末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、
動物性機能を担う体性神経系に対比される。
自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と
内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。
交感神経系副交感神経系の2つの神経系で構成されている。
双方がひとつの臓器を支配することも多く(二重支配)、
またひとつの臓器に及ぼす両者の作用は一般に拮抗的に働く(相反支配)。
交感神経系の機能は、闘争か逃走か(fight or flight)と総称されるような、
身体的活動や侵害刺激、恐怖といった
広義のストレスの多い状況において重要となる。
ということだそうです。

糖尿病の話題の中で必ずと言っていいほど出てくる
「インスリン」は
血糖値を下げるホルモンですが、
これを司っているのは、副交感神経です。

一方、アドレナリンやグルコガンといったホルモンは
血糖値を上げる作用がありますが、
これを司っているのは、交感神経です。

つまり、

交感神経が優位になりすぎていると
副交感神経系であるインスリンがうまく分泌されず、
グルコガンやアドレナリンが過剰に分泌されて、
血糖値が高い状態になってしまうのです。

自律神経の乱れが糖尿病にも大きく影響している証拠です。

「糖尿病改善5ミニッツ 
自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム」
では、
自律神経の乱れを正常に戻し、
身体と精神のバランスを整えることで
糖尿病改善のアプローチを行います。

たった5分です

このことをするかしないかは、大きな差がでます。

自律神経を意識するかしないか、
そんな違いよりはるかに大きな差が出ることでしょう。

糖尿病改善5ミニッツ
自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム




この記事へのトラックバック